My diary 大阪・吹田でお料理教室を主宰  日々の出来事を綴っていきます

SAKURA2015

とっても楽しみにしていた「桜」
c0235725_21305327.jpg

今年は雨が多くて。。。
c0235725_20553674.jpg

あっという間でしたね。
c0235725_20565981.jpg

どんなに風が強くても
c0235725_2058082.jpg

どんなに雨が降っても
c0235725_2059823.jpg

満開を迎えるまでは決して散ることのない「桜」
c0235725_21341261.jpg

でも今年は満開後すぐに「桜流し」の雨
c0235725_21353420.jpg

そして。。。
c0235725_21421838.jpg

散った花びらのすぐそばでツツジが花を咲かせる準備をしていました。

自然って不思議☆
春になったら桜が咲いてツツジが咲いて紫陽花が咲いて・・・
c0235725_21524955.jpg

きちんと順番通り。
私がお花だったら間違えて咲いてしまいそう(笑)

これから色んなお花が私たちの目を楽しませてくれます♪
[PR]
トラックバックURL : http://kshiozaki1.exblog.jp/tb/23911310
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from dezire_photo.. at 2015-04-13 22:16
タイトル : 精神の美しさにふさわしい心に残った名作映画ベスト10
桜、花言葉は「純潔・精神の美しさ」 Cherry Blossoms, language of flowers "The beauty of mental chastity" 往年の名作映画から、精神の美しさにふさわしいと名作映画から、単なる個人的な好みで勝手に “名作映画ベスト10” を選んでみました。 ●天井桟敷の人々  (1945年フランス)     見せ物小屋のガランスとパントマイマーのバチストの苦しい恋の物語。19世紀パリの一角にうごめく   人々を鮮やかに写し...... more
by kshiozaki19910512 | 2015-04-16 21:57 | 日々 | Trackback(1) | Comments(0)