祇園の有名店だった「ケザコ」
そのフランス人シェフが独立して新しくレストランがオープンしました。

「リョウリヤ ステファン・パンテル」
c0235725_2254580.jpg

なるべく目立たないように・・・そう言われたシェフ。
確かに前を通ってもシンプルな暖簾とこの文字~気づきませんでした☆

築100年以上の町家。
ゆったりとしたカウンター席と庭を望むテーブル席。
土壁と木目がとても落ち着いた空間を創り出しています。

お料理は京の旬づくしのワンコースのみ。
堪能させてもらいました!

まずは「アスパラのソテー」
c0235725_23512954.jpg

ちょっと燻製した半熟卵が添えられて・・・
フランポワーズと菜種油を一緒に絡めて頂きます。

シェフのスペシャリテ~ご存じの方も多いはず・・・
c0235725_2312437.jpg

フォアグラを大根の奈良漬で巻いています。
南国フルーツ4種のソースで頂きます。

そうそうこのお味そしてこの器~久しぶりです。

「カリフラワーとブロッコリーの冷製スープ」
c0235725_23143496.jpg

一番下が宗田鰹節と昆布に生姜の香りのゼリー。
上には浅葱の花とブロッコリー。
下のゼリーが特に美味しかったぁ☆

「スズキのブレゼ」
c0235725_23232873.jpg

アサリ・ムール貝・ハマグリそして大原のお野菜と共に・・・
ソースはアリオリに白味噌を少し~ここが京都らしい。
このソースがとても良いお味♪

「フランス産仔牛もものロースト」
c0235725_23371834.jpg

じゃが芋・こごみが添えられています。
ソースはコーヒー風味とオランデーズソースの2種。
オランデーズの方が好みかな。
このじゃが芋美味し♪

デザートは・・・
c0235725_23411526.jpg

山椒の香りのパンナコッタ・イタドリのコンフィチュール・フレッシュイチゴとムース・
レモンとオリーブオイルのシャーベット。
女子には嬉しいたくさんの種類のデザート♪

「焼き菓子」
c0235725_23445456.jpg

ほっこり落ち着いた時間でした。

優しい笑顔のシェフ
c0235725_23465841.jpg

お久しぶりだったのですが覚えてくださっていたんですよね・・・嬉しい♪
外まで見送ってくださいました!
有難うございます。

御馳走様でした☆
[PR]
by kshiozaki19910512 | 2014-05-31 23:04 |      (京都・仏) | Comments(4)

素敵なお店を見つけちゃいました☆

京都・寺町二条をちょっと上がったところ・・・
そう~一保堂茶舗・本店のすぐ近くにある「メシャンルー」

美味しいもの大好きな彼女たちがセレクトしてくれたお店。
私・・・全くノーマークでした。

久しぶりのフレンチ♪
c0235725_4322560.jpg

堪能させて頂きました。

フランス産「フルム・ダンベールのブリオッシュ」
c0235725_4374918.jpg


「未来コーンのヴルーテとグラニテ」
c0235725_4385279.jpg

甘みたっぷりの未来コーン。
初夏の香りがギュッと濃縮されています。
添えられた「コーンの新芽」も芯の部分から作られた「グラニテ」もしっかりコーンのお味。

「上賀茂野菜と色んな魚介 鴨のコンソメジュレ」
c0235725_813410.jpg

このジュレ美味しい・・・
旬のお野菜と海の幸♪
美味しくないはずがありません!

シェフのスペシャリテ
「季節野菜のコンプレッション モザイク仕立て 九条ネギのピストゥー」
c0235725_816154.jpg

パルメザンのソースで頂きます。
何て綺麗・・・
ここには20種類のお野菜。
キャベツ・ズッキーニ・隠元・パプリカ・長芋・ヤングコーン・おくら・・・
ひとつずつ確認しながら頂きました。

「北海道産トキシラズのミキュイ グリーン・マスタードの香り」
c0235725_8235487.jpg

トキシラズとは未成熟の身の柔らかな鮭。
お隣はそのトキシラズのハラミとジャガイモを揚げたもの。

オーストラリア産
「パスチャー・フェッド・ビーフ サーロインのポアレ ブール・ノアゼットソース」
c0235725_8411666.jpg

フライパンでじっくりと焼かれたお肉。
焦がしバターで頂きます。
手前には炭火焼きされたヤングトウモロコシ。
アスパラソバージュ・小玉葱などが添えられています。

そして・・・
c0235725_8453424.jpg

スイカ果汁・チーズのムース・スイカの皮ときゅうり・エストラゴンが層になっています。

「想像のデザート」
c0235725_850394.jpg

本日は3種類のデザートがあります。
食材を見てお好きなものを選んでくださいって・・・
「パッションフルーツとホワイトチョコ」「青梅とアーモンド」「パイナップルとお米」
えぇ~どれにしよう。
この日は3人で訪問。
だったら3種類とも食べましょう♪・・・ってことで全部(笑)

私は「青梅とアーモンド」
c0235725_901987.jpg


「パッションフルーツとホワイトチョコ」
c0235725_915793.jpg


「パイナップルとお米」
c0235725_921779.jpg

どれもこれも美味しい♪
こんな風に変身しちゃうなんて驚き☆

最後は「コーヒーとほうじ茶のシューアイス」
c0235725_941945.jpg


目でも楽しめる美味しいお料理!
季節を変えて必ず訪問したいそんなレストランでした。
また京都でリピートしたいお店が増えちゃった!!

ご馳走様でした☆
[PR]
by kshiozaki19910512 | 2013-07-02 09:20 |      (京都・仏) | Comments(0)

今年初めてのランチ☆
行った先はやっぱり京都でした。

「MOTOI」に行きたい!!
3人の意見が一致。

新年早々、お友達と楽しんできました♪

「MOTOI」
c0235725_22174183.jpg

かつては呉服屋さんだったという純和風建築。
とっても存在感があります。

庭を一望するダイニング
c0235725_22202117.jpg

中央に飾られた見事なお花。
モダンにしつらえられた空間がとっても素敵☆

ちょっと緊張感漂いながら~いよいよ食事のスタートです♪
c0235725_22271085.jpg

残念ながら車の為「ノンアルコール」でしたが。。。

まずは。。。左上
       これ「鰤大根」なんです!
       伊根町の「鰤」がこんな風に変身☆  
       ビックリです!!
       上から牛肉のジュレが掛かっています。

       右上は・・・
       ヘーゼルナッツをキャラメリゼしたもの。
       マドラスのスパイスがアクセントになっています。
       これ・・・コースの最後の最後まで皆でつまんでいました(笑)      
c0235725_22283410.jpg

       パン・・・私は「バケット」をセレクト。
       2種類の中から選べます。


「フォアグラと小さなパンケーキ」
ヨーグルトとメープルシロップを添えて・・・
フォアグラは本来の味を味わう為に塩のみ。
c0235725_044660.jpg

またまたビックリ!!
「すっぽん」を二種の調理法で頂きます!


長崎・五島列島の「鱸」をたっぷりのお野菜と共に・・・
c0235725_23125185.jpg

パリパリに焼かれた皮がとっても香ばしい♪

違った方法で料理された20種類以上のお野菜達。
それぞれの食感・お味が楽しめました。

一緒に添えられた自家製XO醤もとても美味☆ 


宮崎・EM豚の肩ロース
c0235725_23222663.jpg
    
じっくりじっくり2時間かけて焼かれた「豚肩ロース」
山椒オイルで香り付けされたソースで頂きます。


女性には嬉しいデザート3種類
c0235725_0184028.jpg

「麹のアイスクリーム」・・・お米を乾燥させてあげた「干し飯」がとっても香ばしい
愛媛のみかん「紅マドンナ」のプリン・・・オレンジのピューレ・ホワイトチョコの
軽いムースと共に
「苺のクレメダンジュ」・・・博多産の苺とあめ菓子

そして最後は「ミニャルディーズ」・・・「小さなお菓子」
カヌレ・ラムネ・マドレーヌ・マカロンと京都の伝統的なお菓子「すはま」

たっぷりたっぷりのデザートで3人共、満面の笑みでした。

お正月明けということもあり、お店もゆったりムード。
シェフもスタッフの方もとっても良い感じで居心地良かったぁ。

次回はこちら「蔵」でお食事したいなぁ。。。
c0235725_2338073.jpg

ご馳走様でした☆
[PR]
by kshiozaki19910512 | 2013-01-08 23:43 |      (京都・仏) | Comments(0)

花見小路を東へ~建仁寺のすぐそばにある「ケザコ」
c0235725_0485.jpg

2年ぶりくらいでしょうか・・・久しぶりに行ってきました!

このお店の醍醐味はやはりオープンキッチンのカウンター!

美しいお料理がどのようにして創られていくか・・・間近に見られるのが楽しい。

まずは、こちらの看板料理から・・・
c0235725_08370.jpg

フォアグラのコンフィを大根の奈良漬で巻き、一週間熟成させたもの。
4種類の南国のフルーツソースがとってもよく合います。

白いんげんの冷製スープ
c0235725_0113633.jpg

ふわっふわっのスープ。
上に「チョリソー」下に「剣先イカ」とそのソースが入っています。

次は「鮎」
c0235725_0155711.jpg

カリカリに揚げられた骨の部分。
もちろん、全部頂けます。

ルッコラ・水菜・からし菜のソースが添えられて・・・

そして「鴨」
c0235725_0193497.jpg

低温調理された「鴨の胸肉」
表面は、こんがりと焼かれています。

「鴨の皮」をカリカリにしたものと鴨の骨のソースで煮た「賀茂ナス」
酸味が効いた「梅と赤しそ」のソースがまた美味しい♪

デザートは「桃」
c0235725_0331055.jpg

「サバラン」と一緒に「生の桃」と「シロップで煮た桃」
上には「シャーベット」と「酒粕のムース」

不思議なお味でした。

コーヒーと一緒に
c0235725_0595217.jpg

「ココナッツとチョコ」「ガトーショコラ」


シェフ・ステファンが一品一品、流暢な日本語で丁寧に説明をして下さいます。

また、こちらで使われている器は「グラススタジオ」のものが多く・・・
初めて伺ったときは、器にも目を奪われてしまい~ショップを紹介して頂きました。

帰り、そのまま「グラススタジオ」に直行!
「清水の舞台から飛び降りたつもりで・・・」大人買いしてしまいました(笑)

以来、「グラススタジオ」の大ファンです。

美味しいランチと楽しいおしゃべり♪

次はいつになるかなぁ・・・
c0235725_10911.jpg

ご馳走様でした。
[PR]
by kshiozaki19910512 | 2012-08-14 23:40 |      (京都・仏) | Comments(0)

大阪・吹田でお料理教室を主宰  日々の出来事を綴っていきます