人気ブログランキング |

My diary 大阪・吹田でお料理教室を主宰  日々の出来事を綴っていきます

名残



「走り・旬(盛り)・名残」




和食には
こういう言葉が使われます




「走り」とは
その季節出始めのもの

初物を食べると
縁起がいいとも言われます




「旬(盛り)」とは
その食材が食べ頃を迎える
最盛期

収穫量もお値段も安定し
栄養価も一番高い時期です




「名残」とは
旬が過ぎ
その食材を惜しみ
去り行く季節を惜しみ
来年もまた美味しく食べられます様にと
願いを込めて頂く事




どの食材も
それぞれの時期
それぞれの美味しさがあります



そして
「出会いもの」

その旬のもの同士を
合わせたもの

名残_c0235725_06040888.jpg


「筍とこごみ」




どちらも
そろそろ終盤



蕗の薹・タラの芽・こごみ・わらび・ぜんまい・・・

今年は
春の山菜をたくさん頂きました




また来年も
美味しく頂けます様に♡




。   。   。

太陽の塔が
緑に点灯されました♬

これがずっと続くよう
気を緩めないで
過ごしたいと思います



がんばろう日本。
 GANBA!! JAPAN
コロナには負けない!!

 
KEI











トラックバックURL : https://kshiozaki1.exblog.jp/tb/31187357
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by kshiozaki19910512 | 2020-05-15 06:00 | 美味しいもの | Trackback